フロアコーティングの種類|フロアコーティングやリフォームで住宅の価値を高めよう

種類別でわかるフロアコーティングの質と耐用年数

フロアコーティングの種類

フローリング

フローリングの保護

フロアコーティングとは、機能性と見た目を保つためにフローリングに行なうコーティングのことです。一昔前までは、ワックスが主流でしたが、現在では能力の高さや優れた耐久性があるため、横浜ではフロアコーティングが人気になっています。

ワックス掛けが不要

フロアコーティングのメリットは、ワックス掛けをしなくても良いことです。ワックスの場合、半年に1回の頻度で塗り直しをしなければならないので、手間がかかってしまいます。しかしフロアコーティングの場合は、20年以上塗り直しが必要ないものもあるので、手間がかからないのです。

掃除を簡単にできる

フロアコーティングは、特に子供がいる家庭やペットを飼っている家庭でメリットを強く感じるでしょう。汚れにくく、水分を弾くので、掃除を楽に行なうことができます。水拭きだけでフローリングの清潔感を維持できるのです。

フロアコーティングの耐用年数の長さランキング

no.1

UVコーティング

フロアコーティングの中で最も耐用年数が長いのが、UVコーティングです。コーティングの中で最も質が高いので、価格も高価なのですが、20年以上塗り直しが必要ないので手間をかけたくないという人にぴったり。

no.2

ガラスコーティング

第2位は、耐用年数が10年程度のガラスコーティングです。UVコーティングよりも価格は安く、耐水、耐洗剤性が高いという特徴があります。

no.3

ウレタンコーティング

ウレタンコーティングの耐用年数は、8年~10年程度です。価格は、安すぎず高すぎずバランスが取れている製品で、摩擦に強いという特徴があります。

no.4

シリコンコーティング

シリコンコーティングは、5年~10年の耐用年数で、価格はやや高めです。安全性が高く、薬品に対しても強いので、フローリングだけではなくキッチンにもよく使われています。

no.5

アクリル系

アクリル系のコーティングは、艶出しを主な目的としているため、耐用年数は3年と短めです。ただコストが安いので、予算が少ないという場合は役立ちます。