玄関ドアの種類|フロアコーティングやリフォームで住宅の価値を高めよう

理想の玄関にしたいなら知っておきたい玄関ドアの種類

玄関ドアの種類

ドア

玄関ドアの種類は様々

玄関ドアリフォームをするなら、様々ある玄関の種類を知っておくことが大切です。種類によって、家の印象は大きく変わります。デザイン性だけではなく、使いやすさも考えて選ぶようにしましょう。

最も一般的なドア

一般家庭でよく使用されているのが「片開きドア」です。完全に開閉するので、間口が広い場合でも使いやすいタイプとなります。普及率が高いドアでデザインが多いので、自分が探していたデザインと出会える可能性も高いです。

広いスペースを取れる玄関にぴったりのドア

間口が広い家に適しているドアが「袖付き片開きドア」です。名前の通り片開きドアの横に袖がついているドアで、開放的な玄関を演出できます。高級感を演出したいなら「両開きドア」を選びましょう。2枚分のドアを開く間口が必要になりますが、たくさんのお客様をお迎えする時などに有効活用できます。

洋風にはスライディングドア

洋風に合うドアを探しているならスライディングドアを選ぶようにしましょう。一般的なスライディングドアは、2枚の引き戸を左右にスライドさせて開閉させる「引違い戸」です。引き戸は、和風にも洋風にも合わせやすいという特徴があります。

開き戸から引き戸にリフォームしやすいドア

開き戸の玄関から引き戸にリフォームしたいという場合は、片引き戸はどうでしょうか。開き戸から引き戸へのリフォームがしやすいですし、扉を1枚しか使用しないので費用も抑えやすいです。2枚の戸を左右にスライドさせる「両引き込み戸」というタイプもあります。前後のスペースがない場合でも、開口部を広く取ることが可能です。